MENU
title低温デジタルパーマ

コスメ系パーマで髪に優しい

低温デジタルパーマは、システアミンを還元剤にした、コスメ系カーリング剤です。45~60度で10~15分間程度の加温ですむので、髪に余計な負担を与えず、なめらかでしっとりしたカールを作れます。1剤にはアミノ酸などを配合し、トリートメント効果もアップ!繰り返しのパーマにも向いています。さらに、ニオイ除去や保湿なども考慮しているので、ニオイが苦手という方にも最適です。特にカラー毛やダメージ毛の方にオススメです。

スタイリングの再現性もバツグン!

低温デジタルパーマは、大きくゆるいカールがしっかりかかる形状記憶カールです。濡れた状態より、ドライした方が大きなリッジ感が再現できるので、シャンプー後のドライはカールを戻す感覚で優しく丁寧に乾かして下さい。持ちは髪質によって異なりますが、約1ヶ月半~2ヶ月くらい持ちます。

40分で施術できる

45~60度で10~15分間の加温をすればかかるので、施術時間のスピーディーさがメリット。施術時間の短縮で、髪にも優しくお客様も大満足。

低温デジタルパーマ よくある質問

Q 低温デジタルパーマってなに?
A コスメタイプのホット系パーマ

従来のパーマとは違い、コスメ系のカーリング剤なのでカラーと同時施術も可能です。45~60度で10~15分間の加温をすればかかるので、施術時間のスピーディーさがメリット。また、低温ホット系パーマなので髪に余計な負担を与えず、なめらかでしっとりしたカールを作れるのも大きな特徴です。
Q 低温デジタルパーマでどんなパーマができるの?
A 計算通りのウェーブスタイルに

低温デジタルパーマでは、ゆる巻きからしっかりカールまで、デザイン次第でさまざまなスタイルを楽しめます。仕上がりでは手触りがよく、なめらかなカールが作れます。また、きつくかかりすぎないので、「強くかけすぎた…」のような失敗がありません。髪に優しいのが特徴なので、フルヘッドのパーマから、一部分にパーマをかけるポイントパーマまで、どんなパーマでもOKです。
Q スピーディーってどれくらい?
A 加温時間15分のクイックデジパ

約40分程度の施術で完了です。『低温デジタルパーマ』は3液式で、45~60度で10~15分間の加温をすればかかるので、施術時間のスピーディーさがメリットです。
Q 対応できる髪の長さや髪質は?
A ベリーショート以外ならOK!

低温デジタルパーマは基本的にボブからスーパーロングまで、ほとんどの長さに対応できます。また、使用するロッドの選定で、長さやウェーブの形状をコントロールできるメリットがあります。ただし、ショートヘアの場合、えり足が短いと巻き辛い事もあります。
対応できる髪質は、カラーした髪やダメージヘアに最適です。色落ちが少なく、ダメージをそれ以上進行させないから安心。また、縮毛矯正を1回だけした髪なら大丈夫です。ただし、健康な髪やバージン毛また、過度なハイダメージ毛にはかかりが浅く、さらにブリーチした髪には、従来のパーマと同様に危険性が伴うので避けた方が無難でしょう。
Q 繰り返しかけても大丈夫?
A ”きしみ”や”だれ”がないので安心して

例えば、従来のデジタルパーマの場合、繰り返しかけると髪がパサついたり、ギシギシしたダメージをおう事があるようです。しかし、このマテリアルカールは、繰り返しかけてもリッジが蘇り、バリッとしたきしみ感がありません。ボディーパーマ的な大きくてゆるいウェーブをしっかりかけられるのがマテリアルカールの特徴です。
Q カラーとの同時施術は?
A コスメ系カーリング剤ですので可能です。

コスメ系カーリング剤ですので可能です。しかし薬剤によっての退色やウェーブダウンの場合も可能性としてはあります。
Q ホームケアやスタイリング方法は?
A 優しくドライ!スタイリング剤は使い分けて

低温デジタルパーマは、大きくゆるいカールがしっかりかかる形状記憶カールです。濡れた状態よりドライした方が大きなリッジ感が再現できるので、シャンプー後のドライはカールを戻す感覚で優しく丁寧に乾かして下さい。ヘアケアは、日常的なシャンプー&トリートメントでOKです。また、ハーフドライの時に洗い流さないトリートメント剤を塗布して、普段使用しているスタイリング剤を付けて仕上げて下さい。しっかりとリッジ感を出したい場合は、ムースやワックスなどのスタイリング剤を使用して、カール部分に付けるだけでスタイリングをキープできます。
pagetop